身長と遺伝はあまり関係しない!

身長と遺伝はあまり関係しないよ!身長を伸ばすのに必要なのはこれだ!

 

高校生になると、男子ならまだ身長が伸びますが、女子だとそろそろ身長が止まってしまいます。
男子は、最後の追い上げのために万全の態勢で臨みたいところ。
中学生まで身長が伸びていない場合、両親の身長を見てみると遺伝が強く影響しているのではないかと思う人がいるかもしれませんね。
しかし、子供の身長は、遺伝にはあまり関係しません。

 

正しく身長を伸ばす方法を実践すれば、高校生でもまだ身長を伸ばす効果が期待できます。
頑張って、目標の身長を超えられるようにしていきましょう。

 

身長と遺伝はあまり関係ないよ!

 

子供の身長に親の遺伝子が影響する割合は、25%ほどです。
残りは、子供が生まれてからの生活環境に依存します。

 

アメリカである一卵性双生児の調査が行われました。
偶然にも小さなころに離れ離れになった子供が、大人になったときに、再開した際、身長も含め体格がまったく異なる双子になっていたのです。

 

日本人も、平均身長を調べてみると、戦後から男女とも10センチ以上伸びているのです。
日本人の身長は、江戸時代が最も低く、その後順調に伸びていることを分かっています。

 

歴史を見ても、近年の調査を見ても、身長の遺伝に影響する程度は低く、生まれてからの影響が強いことが分かっているのです。

 

そのため、両親の身長が低いからと言ってまったく心配する必要はありません。
正しく身長を伸ばす方法を実践すれば、確実に身長は伸びていきます。

 

高校生は身長が伸びるの?

 

そうは言っても高校生になると本当に身長が伸びるのかという疑問があるかと思います。

 

ハイ、男性ならまだ伸びる可能性はあります。
女性だと伸びない可能性が高いです。

 

身長が伸びるかどうかを確認するなら、病院でレントゲンを用いて骨端線を確認しなければなりません。

 

骨端線は、骨と骨の間にある軟骨部分。骨が成長する部分なのです。
思春期とともに大人の体に変化する過程で骨端線部分が閉じてなくなります。

 

完全に閉じてしまうと身長が伸びなくなってしまいます。

 

そのため、高校生が身長を伸ばせるかどうかを確認するには、骨端線を確認して、まだ存在していうことが確認できるのなら、骨を伸ばすことができるので身長は、ぐんぐん伸びる可能性があります。

 

もし、骨端線が閉じてしまった場合には、ストレッチなどで、体のゆがみを伸ばして身長を伸ばす方法を取ることができます。
この場合には、大幅な身長の伸びは見込めず、ゆがんでいる分だけの伸びになってしまいます。

 

高校生の身長を伸ばす方法は?

 

以上で身長が遺伝には依存しないことが分かったと思いますが、高校生が身長を伸ばすとなったときにも、身長を伸ばすために必要なことは、栄養素や運動や睡眠が重要となってきます。

 

高校生になれば、食事の量は多くなりますが、体が大きい分消費カロリーも多いです。また、運動部に入っていれば体は動かしているのですが、そうでない人も多いです。
適度な運動、特に、骨を刺激するような運動は、身長を伸ばすのに欠かせません。

 

時間を見つけて、バスケットボールやジョギングなどを行うと身長を伸ばすのに効果的です。

 

身長は寝ている間に伸びます。そのため、質の高い睡眠はとても重要です。睡眠時間はできれば8時間以上は取りましょう。
毎日夜遅くまで勉強しているようだと、身長の伸びに良くないので注意すること。
質の高い睡眠時間を確保して、授業中に集中することで学力を上げられるようにしましょう。

 

高校生が身長を伸ばす方法を実践するなら、日常生活で食事、運動、睡眠を意識して取り組む必要があります。

 

また、栄養面では、身長サプリを選ぶのがおすすめ。
特にアルギニンは、アルギニンを多く含む肉類、魚類、乳製品、豆類をたくさん食べても必要量に届かないこともあり、毎日必要量を摂取するには、身長サプリが欠かせません。

 

高校生は、身長を伸ばせる期間としては最後の期間になります。
栄養補給、運動、睡眠を見直し、身長を伸ばすために頑張って過ごしていきましょう。

 

 

高校生の身長を伸ばす方法!いますぐ対策して高身長を目指そう!

 

おすすめサイト